【最初の1冊は無料】アマゾンAudible 詳しくはこちら

【最新版】二人用コーヒーメーカーおすすめ15選!

二人用のコーヒーメーカーを探してるんだけど
なかなかいいのが見つからない。

こんな方におすすめ
  • コーヒーが大好き
  • 二人暮らしにちょうどいいサイズのコーヒーメーカーが知りたい
  • 色々なコーヒーメーカーの特徴を知りたい
この記事を読むと?
  • コーヒーメーカーの選び方がわかる
  • 二人用のコーヒーメーカーの相場がわかる

最近では在宅勤務の方も増え、家で飲み物を飲む機会が増加傾向にあります。

二人暮らしで在宅勤務の方も仕事前の朝にぱっとスイッチを切り替えるためのコーヒーを

せっかくならこだわりたいですよね。

今回はそんな方にそれぞれのシーンで活躍するおすすめのコーヒーメーカーを
使用する用途に分けてご紹介していきます。

このブログを書いている人

目次

二人用コーヒーメーカーおすすめ15選!

コーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーの種類は多種多様です。

ドリップタイプからコーヒー豆を潰して
抽出する手淹れタイプ、カプセルタイプがあります。

ドリップタイプを選ぶ場合はミルが内臓していないミルが内蔵されているかで選びましょう。

ミルなしはコーヒーの粉のみを
使ってコーヒーを作るタイプです。

安いコーヒーメーカーを探している方やあまりコーヒーに関してこだわりがない方などにおすすめです。

ミルありはコーヒー豆自体を砕いてコーヒーを作るタイプです。

こだわりのコーヒー豆があったり、幅広いジャンルのコーヒーを召し上がりたい方などにおすすめです。

カプセルタイプは専用のカプセルでコーヒーを抽出していきます。

お茶や紅茶も飲めるのでいろいろな種類の飲み物が飲みたい方にいいですね。

万能なのはミル内臓の全自動タイプです。

全自動のタイプは粉もコーヒー豆もどちらからも作ることができます。

わたし

コーヒーが大好きで毎日の習慣になっている方は
全自動コーヒーを買った方が長い目をみて節約になりますよ!


お掃除しやすそうなのはどれか、フィルターは紙タイプか洗えるタイプか、など…

それぞれのライフスタイルに合わせて選んでみてください。

コスパ重視なら

東芝 コーヒーメーカー

特徴はお好みのシーンに合わせてレバーひとつで『リッチテイスト』と『ライトテイスト』を選べます。

『リッチテイスト』とはしっかりコーヒー豆を蒸らして抽出するので深い味わいに、

『ライトテイスト』は蒸らさずすぐにコーヒー豆を抽出するのでスッキリした味わいになります。

本体寸法(mm)幅188×奥行128×高さ312
フィルター専用ペーパーレスフィルター、ペーパーフィルター
目盛りホット(6杯分)/アイス(6杯分)/マグカップ(4杯分)
本体質量(kg)約1.7
引用先:公式サイト

アイリスオーヤマ コーヒーメーカー

とにかく値段がお手頃価格なので、
気軽にコーヒーを楽しみたい方、初心者の方もコーヒーの粉を入れるだけで超簡単にコーヒーができます。

ナイロンフィルターなので、洗って繰り返し使えます。

商品サイズ(cm)幅23×奥行14.9×高さ25(コーヒーサーバー含む)
最大使用水量0.65L
ドリップ容量650ml(1杯約130ml)約5杯分
商品重量約900g
引用先:公式サイト

プラスマイナスゼロ コーヒーメーカー

プラスマイナスゼロはスタイリッシュなフォルムと「ちょうどいい」をコンセプトにしたブランド。

お値段もお手頃で、同棲などでも大活躍できそうですね!
サイズ感が小さめなので、食卓スペースのどんな場所にいても邪魔しません。

一度の抽出で二回分の抽出ができるので、二人で同じひと時を共有できます。

商品サイズ約H220.0×W169.0×D158.0mm
消費電力425W
最大使用水量300ml
質量約1.0kg
引用先:公式サイト

ラドンナ TOFFY 5カップアロマコーヒーメーカー

お手頃なお値段がいいけど可愛いのがいい。

そんな方にはこちらのラドンナのコーヒーメーカーがおすすめ!

蒸らし機能を搭載しているので

粉タイプのコーヒーでも美味しいコーヒーが抽出できます。

ポットがステンレスなので、氷を入れてアイスコーヒーにもできますね。

本体寸法約140(W)×255(H)×195(D)mm
定格消費電力600W
水タンク容量
650ml
重量約 990g
引用先:公式サイト

おしゃれ重視なら

ラドンナ TOFFY アロマドリップコーヒーメーカー

このコーヒーメーカーの凄いところは

可愛い見た目だけではなく回すだけで
マイルド・ミディアム・ストロングと
3段階の味が選べるアロマセレクター機能が搭載しています。

アロマセレクターを使うと間欠中質という方法で、
コーヒー豆を蒸らすことによってハンドトリップしたような味わいになります。

本体寸法約160(W)×275(H)×200(D)mm
(※ガラスポット含まず)
定格消費電力600W
水タンク容量650ml
引用先:公式サイト

HARIO  サイフォン テクニカ コーヒーメーカー

コーヒーショップのサイフォン式コーヒーのほとんどがテクニカと言われています。

なんと…アルコールランプも付属でついてきます。

出勤前のゆったりした朝、休日の朝などこれでコーヒーを抽出すると最高なひと時が過ごせそうですね。

製品サイズ幅 160 × 奥行 95 × 高 340mm 
容量2杯用
重量(個箱含む)約1200g 
耐熱温度差150℃
引用先:公式サイト

ドリップマイスター 

サイズ約W168×D168×H290(mm)
容量350cc以下まで
回転速度3周/分
重量約0.9kg(ACアダプター含まず)
引用先:公式サイト

自分で美味しいコーヒーを作りたい方には手動でドリップするタイプ。

スイッチを押すと回転するので、お湯を入れるときに手で動かさなくても美味しいコーヒーが作れます。

しかもお湯を受け取るタンクが二重構造になっていて飲み頃の温度で抽出してくれるので

美味しい温度でコーヒーを飲むことができます。

プロ顔負けのコーヒーメーカーです。

使いやすさ重視なら

Bodum(ボダム) フレンチプレス

粉コーヒーを入れ、お湯を入れプレスするだけで

あっという間に美味しいコーヒーが飲めちゃうとてもユニークなコーヒーメーカー!

お掃除も簡単なので、めんどくさがり屋さんな方にもとてもあっていますね。

コーヒー以外にも紅茶なども楽しめます。

本体サイズ幅11.5cm×高さ16.1cm×深さ8cm
容量350ml
重量255g
引用先:公式サイト

タイガー コーヒーメーカー

表面のフィルターを変えるだけで

マイルド・ストロングに段階の味が調節できる
「テイストマイスター」機能付き

抽出口がシャワー状になっていて、
お湯をまんべんなく注げるようになっています。

フィルターがケースになっているので1回のお手入れもフィルターごと洗えてとても簡単ですね。
2018年のグッドデザイン賞にも受賞しています。

サイズ(約)(cm) 幅×奥行×高さ15.4×27.2×30.1
満水容量(約)0.81L
消費電力550W
本体質量(約)1.9kg
※ カップトレイ使用時の奥行きは約24.6cm、本体質量は1.6kgです 引用先:公式サイト

機能性重視なら

Siroca(シロカ) crossline 全自動コーヒーメーカー


このシロカの全自動コーヒーメーカーは蒸らし工程が工夫されていて、

最初少量のお湯を出してコーヒー粉の油分と馴染むことによっておいしいコーヒーに仕上がるようにしています。

全自動コーヒーメーカーは約コーヒー1杯が30円で飲めるので在宅ワーカーの方はイチオシです。

外形寸法(約)幅17.3 cm × 奥行 22 cm × 高さ 27 cm
消費電力600 W
最大使用水量0.58 L
質量(約)2.2 kg(サーバー含む)
引用先:公式サイト

recolte Grind & Brew Coffee Maker コーン式全自動コーヒーメーカー

サイズ約 幅15×奥行30×高さ34.5cm(コード長:約1m)
消費電力[コーヒーメーカー]730W、[コーヒーミル]100W
容量約560ml
重さ約3.4kg
引用先:https://www.plywood.jp/20149231

コーン式ミルとはコーヒー豆を砕く刃を低速回転させることによって

豆に熱が伝わりにくく均等に挽けて、なおかつ比較的動作音が小さいのが特徴。

雑味を抑え、豆の味を潰すことなく美味しいコーヒーに仕上がります。

そして挽き量を濃いめからスッキリめまで5段階に調節できる豆量ボタンが搭載。

好きな時に好きな濃さの味に調節が可能なのも魅力の一つです。

タイマー機能も充実しています。

象印 全自動コーヒーメーカー

外形寸法(約㎝)24×25×37.5
消費電力定格:740W コーヒーメーカー部:650W ミル部:90W
容量コーヒーメーカー部:540mL
(コーヒーカップ゚4杯)
本体質量(約㎏)4.4
引用先:公式サイト

信頼性が大きい象印のコーヒーメーカーは

単純操作なのに計算しつくされた高機能コーヒーメーカーです。

ボタンの機能が単純であまり複雑な機能がいらない方におすすめです。
ボタン一つで簡単にそして高クオリティなコーヒーに仕上げます。

このコーヒーの特徴は『高温抽出』

マイコン制御することによって予熱し、さらにダブル加熱製法、

約20秒間の蒸らし時間を加える事で、より本格的な味わいになります。

しかもフィルターの付け替えによる調節機能やボタンを押すだけでできる
あわせて4種類の味の濃さを変えることができます。

カプセル式コーヒーメーカー

UCC カプセル式抽出機ドリップポッド

UCCコーヒーのカプセル式コーヒーメーカー

コーヒーだけでなく紅茶やお茶もボタン一つで簡単にできます。

蒸らし・抽出時間をしっかり時間をかけた「ストロングモード」、

アイスに適した「アイスモード」を搭載。

見ためも可愛いのでインテリアにもなじみますね。

寸法(mm)D290×W133×H224
消費電力1,350W
水タンク容量700ml
重量約3.0kg
引用先:公式サイト

キューリグ カプセル式コーヒーメーカー

ボタンを押せば約30~50秒で、一杯分のコーヒーが完成します。
濃いめ、薄めもお好みで選ぶことも可能!

いろいろな人気チェーン珈琲店の『上島珈琲店』や『アフタヌーンティー』など
沢山の人気チェーン珈琲店のカプセルもあります。

よく珈琲店が好きで行く方は
珈琲店のオリジナルブレンドが味わえるので自宅だけの特別感が味わえますね。

サイズ(約)幅18.0cm×奥行31.8cm×高さ30.0cm
消費電力1350W
タンク容量1.5L
重量(約)3.8kg
引用先:公式サイト

キューリグのオンラインストアは下のリンクから!

\初回のお届けは2021年2月28日まで1980円です!/

アイスコーヒーメーカーも!

Thermos(サーモス) アイスコーヒーメーカー

ちょっとユニークなアイスコーヒーメーカー。

作り方は簡単で、ステンレスのサーバーの中に氷を入れ、
アイスコーヒー用のコーヒー粉を入れ、ボタンをおすだけで簡単に美味しいアイスコーヒーの完成です。

アイスコーヒーが大好きな方はぜひ!

本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm)18×28.5
(サーバーハンドル部含む)×32.5
消費電力400W
サーバー容量(L)0.66
本体重量(約kg)2.1
(サーバー含む)
引用先:公式サイト

最後に

【最新版】二人用コーヒーメーカーおすすめ15選を紹介していきました。

コーヒーメーカーはたくさん種類があって迷いますよね、

機能性はもちろん、見た目も可愛いと愛着が湧いてきますね!

普段から使うコーヒーメーカーで素敵な日常をお過ごしください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
良かったらポチしてね!/

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・接客業勤務歴10年
・現在宅ワークで勤務
・フラワーライフセラピストの資格あり
・副業はブログ運営、Webライター、Webデザイナー

コメント

コメントする

目次
閉じる